SWEETSCLUB
 

HOME

 

SWEETSの秘密

 

SWEETSの種類

 

ケーキを作る前に

 

私のSWEETSランキング

 

リンク集
 
SWEETSの種類

たくさんあるSWEETS♪その種類をご紹介します!

最終更新日:2014/9/11

 プリン

正式名称はカスタード・プディング(Custard pudding)と言います。プリンという呼称はプディングの日本的な訛りです。イギリスの本場のプディングはパン粉や小麦粉に、卵・牛乳を加え果物やナッツ・肉の脂身を練りこんだ重たいお菓子です。私達が良く食べているプリンとは全く違うモノなのです。毎日のおやつには、食べ慣れた日本のプリンがいいですね♪

 

 キャラメル

みんな知ってる、やさしくて懐かしい昔ながらの
キャラメルの味。これが、パリでも驚くほどの売れ行きらしいです。ニューヨークでも根強い人気で、キャラメル味のアイスは日本でも「変り種」ではなくもはや定番商品になっていますね。最近では塩キャラメルがブームを呼び、カフェではキャラメルマキアートなど、いろいろなところでキャラメルの味に出会いますよね!

 

 クレープ

粉と砂糖と卵を混ぜ合わせ、牛乳を加え、薄く焼いたこの素朴な食べ物は、おかしい外に料理等に幅広く使われています。フランスのブルターニュ地方では、そば粉を使ったクレープを作り、パンの代わりに主食として食べられています。
そのほかにフランス料理には、肉や魚をクレープで巻いて食べるスタイルがあるんだとか。

 

 スポンジケーキ

『スポンジケーキ』の名前の由来は、焼き上がり後、海綿状に膨らむことから、”スポンジ”と呼ばれています。基本的な原料は、小麦粉・砂糖・卵のの3つから成り、それぞれの持ち味を生かして、スポンジケーキが焼き上がっています。

 


SWEETSの種類

 

 タルト

タルトはフランス菓子を代表するもののひとつです。ビスケット状の生地で作られた皿型の器にクリームやフルーツを詰めたりのせたりしたお菓子です。洋菓子店では、季節によって具が変わり店頭を飾る花形商品でもあるのです。タルトという名はローマ時代のトゥールト(tourte)という皿状のパイ菓子からきています。さかのぼると、ギリシャ、エジプトの時代にまで及びます。タルトに良く使用される材料としては、クリームチーズやカスタード、フルーツ、焼き芋や栗などのペーストなどが代表的です。

 

 バームクーヘン

太い年輪を思わせるような、このお菓子の歴史は非常に古く、ゲルマン人によって長寿や幸福を願って焼き上げたのが、200年位前だそうです。食べ方としては、そのままシンプルに食べるのはもちろんのこと、ホイップした生クリームをたっぷりつけながら食べるのがヨーロッパでは主流です。また今日ドイツでは、バウムクーヘンをちゃんと焼けるかで職人の腕を判断する1つの基準になっており、それ程重要な位置を占めているお菓子のようです。

 

 ムースとババロア

『ムース(mousse)』とは、「泡」という意味で、ラテン語のmulsa(蜂蜜水)が語源ではないかと言われています。フルーツのピューレ、ゲル化剤、生クリームを混ぜ合わせてホイップしたものが基本的な作り方です。一方、『ムース』と似て非なるものが、皆さんも良くご存知の『ババロア』です。ババロアの由来は、ドイツのヴィッテル・バッハ王国に仕えていたフランス人シェフが初めて作ったのが、そもそもの始まりのようです。

check

スカイグループの製品
http://www.sky-g.org/

最終更新日:2017/2/14


 

 レシピ@ 
 チョコレートケーキ
 レシピA 
 チーズケーキ
 レシピB 
 プリン
 レシピC
 マルキーズ